家族葬儀や結婚相談所情報

家族葬のメリットとデメリットについて

簡素化している冠婚葬祭・・ナシ婚、家族葬

現代では冠婚葬祭などの様々な儀礼において、簡略化する傾向があります。
簡略化するメリットとしては、経済的に安く抑えようとするメリットが多いのが現状です。
一昔前のように結婚式でも盛大に、費用を掛けて派手に行われることは珍しくなったと言えます。
葬儀においても同様で、多くの人を呼んで大きな会場で大きな祭壇を豪華に使用することも少なくなりました。
戒名なども一番安いもので構わないという人も増えています。
現在では家族葬と呼ばれるものも存在し、一部で人気を博しています。
ではどういったものなのか、という事について書いて行きたいと思います。

家族葬儀が増えています

家族葬は故人の身内や親族、または極親しかった友人・知人などのみで行われる葬儀を言います。
この葬儀のメリットには経済的な部分が多く、少人数で行われる為、会場に掛かる費用であったり、香典返しや食事に掛かる費用を抑えることができます。
また身内や親族、また極親しい友人や知人のみで行われる為、かしこまった雰囲気ではなく、気楽に葬儀などを行える面も魅力のひとつです。
普通の葬儀とは違い、言い方が適切かどうかはわかりませんが、温かみのあるアットホームな葬儀を執り行なうことができるのです。

簡素化した家族葬儀にはデメリットも存在します。

少人数の限られた人のみで行うので、呼ばれなかった人達の反感を買う恐れがあるという事です。
特に地方では、このような冠婚葬祭に対しての意識が強く残っていがちなので、争議に呼ばれなったことや、少人数で行うことに対しての世間体的な批判を受ける可能性があるという事です。
このようにメリットもデメリットも存在しますが、故人を送り出す大切な葬儀ですので、故人の遺志や自分に合わせた葬儀を行うことが大切だと思います。

最新記事